日本経済:日本は財政破綻をしない、を中学生に説明する方法(1)
スポンサーリンク
中学生の息子に「日本は財政破綻などしない」ことを説明しました
中学校の社会では、日本の借金は多すぎて増税は不可欠、と教えられているようです
困ったことなので、家庭で再教育する必要があります
中学生の息子と話をすると、社会の授業「日本は国の借金が多すぎる、このままでは破綻する」と教えられているとのこと。息子は私が(仕事柄)この辺に詳しいのを知っているので「本当なの?」と聞いてきました。

一時間程度話したのち、息子は「破綻などしない」ことを理解しました。私にも有意義で、財政破綻論を信じている人(社会の先生を含め一般の人)はそもそも、「借金」「破綻」の意味を理解していないことなどを、気づかせてくれました。

息子とせっかく有意義な議論ができたので、「中学生に日本が財政破綻しないことをどの様に説明した」か、以下纏めておきたいと思います。

そもそも「国の借金」とは何?そして破綻って?

話して気づくことは、国の借金を漠然としたイメージで捉えていることです。これは恐らく社会の先生も同じでしょう。

まず、「国の借金」等というものは無い、ことを説明しました。国とは地理的な概念であって、借金をするのは実在する組織です。社会の先生が言っているのは「政府の借金」のことだと、説明しました。

次に、借金とは「他人から提供された返す必要のある金銭。通常は利息が付く」こと、また、政府の借金は国債という債券の形式を取ることを説明しました。債券のより詳しい説明については、以下投稿を参照させました。

最後に「破綻って何だと思っているの?」と息子に聞いてみました。すると「国が潰れること」との答え。「国じゃないでしょう?」と聞くと「そうか、政府が潰れることか!」と。「潰れる」とは「無くなる、人間だと死んでしまうこと」と理解しているようです。

これについては以下説明しました;

  • 「潰れる」とは法的には「破産」のこと
  • 「破産」とは借金が返せない会社を「清算」すること
  • 「清算」とは会社を存続不能として「整理」すること
  • 「整理」とは会社の財産を可能な限り現金化すること
  • 「破産」の目的は、可能な限り会社を現金化して少しでも借金を返させること

息子は、社会の先生が言っている破綻が「借金を返さない政府を現金化すること」を実際は意味すると説明され、少し驚いたようでした。最初に思ったイメージとは随分違っていたようです。何か借金の重みで船が沈むようなイメージを持っていたようで(そう言えば、財務次官がこのイメージを月刊誌に書いていましたね。酷い話です)。

そもそも国債って何?誰が買ってるの?

国の借金ではなく政府の借金、借金は具体的には国債の形式をとっていること、破綻とは破産であること、そして破産とは政府を清算して現金化すること、を息子は理解し始めました。「借金の重みで沈没する日本丸」といった感覚的な問題の把握が、かなり具体的になりました。

しかし未だ、「国債」「破産」に、具体的なイメージが掴み切れてないようです。

そこで国債について、以下の様に説明しました;

  • 政府が発行する約束書の様なもの
  • 約束書には、元本と利息と期日が記載されている
  • この約束書を持っている人は、期日に元本と期日を受け取れる
  • 政府はこの約束書を売ることで現金を得る

少し理解が進んだようです。次の質問が来ました。「政府は誰に売っているの?」

良い質問です。2021年9月末現在、日本国債を誰が持っているか、財務省作成の資料を見せました。

日本銀行がおよそ半分、銀行・生損保・年金など国内投資家が約40%、海外は8%以下です。すなわち、日本政府は日銀を含む国内投資家に国債の9割以上を売っているのです。

財政破綻について、息子はギリシャ、アルゼンチンの例を教え込まれているらしく、「国の信用がなくなって海外からお金が借りれなくなる」イメージを持っていました。しかし現実は殆ど「政府は日本人から借りている」事実を知って、少し面食らったようです。

そして「破綻」について;

  • 会社がお金を返さない場合、貸している人は会社を整理し、会社の持ち物を整理・現金化して、少しでも返してもらうのが「破綻」(破産)であることは、理解した
  • 日本が破綻するとは、日本政府が破産する、ということ。日本人は日本政府を整理し「現金化」することなど、するだろうか?
  • そもそも日本政府はなぜ国債を返さない(返せなくなる)のだろうか?
  • 今現在国債は順調に売れているのだろうか?
  • 日本政府が破綻する見込みなら、日本政府の約束書(国債)が売れるのはなぜだろうか?

いろいろな疑問が湧いたようです。

この疑問に答える為には、日本銀行の役割を説明することが必要です。この説明には時間がかかります。次回投稿で説明します。

スポンサーリンク
おすすめの記事